日本でも話題のairbnbは代行業者に依頼しよう

ウーマン
女の人

保証人が立てられない人に

賃貸保証会社が注目されています。連帯保証人の代行を行ってくれるサービスです。核家族化、高齢者の一人暮らしが増えてきていることが影響しています。長期滞在する外国人にもメリットがあります。また貸主には家賃滞納などを回避できるメリットがあります。

つみき

家賃債務保証とは

家賃債務保証とは高齢者の入居を促進し、支援を行う制度です。家賃の一部が保証され、滞納した場合には6ヵ月までの保証が可能となります。この制度を導入することによって、入居率が上がること、家賃の徴収率が上がることが期待できます。

サポートが成功に直結

積み木

ムダのない契約が実現

海外ですでに人気となっているairbnbは、民泊規制緩和の動きにより国内でも登録件数が急増しています。ホスト(オーナー)とゲスト(利用客)と呼ぶことから、ホームステイのようなイメージもありますが、airbnbは大成功のチャンスを持つビジネスです。ホストは物件があれば登録可能であり、利用客は旅費削減のひとつとして活用できるため、メリットを両者が得られる仕組みとなっています。民宿やホテルのように建築費・土地取得費といった初期費用がかからないため、インテリアや販促ツールにコストを集中できるのです。airbnbの特徴は外国人観光客の利用が中心となっているため、代行サービスのサポートが必須といえます。予約や問い合わせの際にメッセージのやり取りをしますが、言葉が通じないのでは意味がありません。また、清掃や問題発生時の対処などホストだけのオペレーションでは負担が大きく、体力が持たない可能性もあるのです。airbnbの代行サービスは基本プランとオプションプランがありますので、余計なコストを発生させずに契約できます。複数の物件で運営、またはとにかく物件を活用したい場合、フルサポートプランの契約も代行サービスの活用ポイントです。ビジネスには競争相手がつきものですが、airbnbは代行サービスのサポートが勝ち残る力となります。運営代行のオプションは通訳やフォローだけではなく、部屋料金の調整からコーディネイト、ホームページ・パンフレット制作にまで及ぶのです。

男性

不動産を利用して投資する

不動産の投資で利益を得るためには、家賃相場を知っておくことが必要不可欠です。不動産の利回りだけでは不動産の損益を判断するには不十分なため、家賃相場を知ることで具体的な利益額を算出することができます。また利益額がわかれば、リフォームにかけられる大体の費用を決めることもできます。