日本でも話題のairbnbは代行業者に依頼しよう

マネー

家賃債務保証とは

つみき

貸主のメリットとは?

家賃債務保証とは家賃の保証制度によって高齢者の入居を促進したり、支援を行うという制度となっています。この家賃の保証制度を行っているのが「財団法人高齢者住宅財団」です。この制度を利用するためには、高齢者を受け入れる賃貸物件であるという内容の「高齢者円滑入居賃貸住宅」の登録を行う必要があります。この賃貸物件に入居可能となる高齢者は60歳以上となり、その契約期間は2年となります。家賃のうち35%が保証されるほか、滞納したとしても6ヵ月まで保証されます。この制度には、障碍者を支援するための同様の内容のものもあります。「障害者家賃債務保証」の制度も合わせて導入することによって、入居率を更に上げる事ができるでしょう。家賃債務保証が導入された背景には、経済が悪化したことが影響していると言われます。日本では不景気により、失業者や家賃を滞納している人が増加してしまいました。連帯保証人までも家賃を支払うことが出来ないケースが多く発生し、家賃を徴収することが困難となり、貸主の経営が危ぶまれたために家賃債務保証の制度を利用して、なるべく家賃を徴収できるようにすることが可能となりました。また、入居率を上げることができると言えるでしょう。保証があるために滞納された家賃をちゃんと徴収できる可能性が高くなり、家賃が支払われない場合の対応や法的措置も代行してもらえるため、非常に魅力的な制度となっています。入居率が悪い、家賃の徴収にお困りの方は家賃債務保証を検討されてはいかがでしょうか。