日本でも話題のairbnbは代行業者に依頼しよう

マネー

保証人が立てられない人に

女の人

高齢者や外国人にも

賃貸物件を借りる場合、連帯保証人が必要なことがほとんどです。連帯保証人は、借主が問題を起こした場合、その問題を借主に代わって責任を負うことになる人です。例えば、家賃滞納をしてしまったり、賃貸物件の設備を壊してしまったり、ということがあったとき、借主に代わって家賃を支払ったり、修理の代金を支払ったりということをしなければならなくなります。そのようなリスクのある連帯保証人を立てることが難しい人が増えてきました。核家族が増えていることや、高齢者の一人暮らしが増えていることも影響しています。そのような人のために、賃貸保証会社のサービスが注目されています。賃貸保証会社のサービスとは、賃貸物件を貸す貸主と借主の間に立ち、連帯保証人を引き受けてくれるというのがメインのサービスです。貸主は、賃貸保証会社を利用することによって、家賃滞納が起こった場合には家賃を立て替えてもらえるというメリットが、借主にとっては連帯保証人を代行してもらえるというメリットがあります。貸主にとって家賃が滞ると収入が減ってしまうので、できるだけ避けたい事柄です。連帯保証人を代行してもらえるメリットは、障がい者の家族や長期滞在の外国人にも喜ばれています。賃貸物件を貸したり借りたりするときに起こりやすいデメリットを、賃貸保証会社が埋めてくれるのです。入居時の審査は賃貸保証会社によって異なります。提出する書類も若干異なりますが、それほど難しい審査ではないといわれています。